コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村善右衛門 なかむら ぜんえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村善右衛門 なかむら-ぜんえもん

1806-1880 江戸後期-明治時代の養蚕技術者。
文化3年生まれ。陸奥(むつ)伊達郡(福島県)の人。体温計ヒントをえて養蚕の温度管理用の寒暖計づくりをこころみ,天保(てんぽう)14年蚕当計を製作する。嘉永(かえい)2年それを利用した標準飼育法を「蚕当計秘訣」にまとめた。明治13年8月13日死去。75歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

中村善右衛門

没年:明治13.8.13(1880)
生年:文化7(1810)
幕末維新期の養蚕改良家。岩代国(福島県)伊達郡梁川村の蚕種製造家の家に生まれる。当時,伊達郡,信夫郡を中心とする奥州の養蚕地帯では,火力を用い気温を上げて蚕を飼育する方法が普及しつつあったが,善右衛門は飼育時の適正温度を調べ,正確な温度調節を行いながら飼育できるように,医者の体温計にヒントを得て,苦心の末,養蚕用の温度計を製作した。「蚕が当たる計器」すなわち「蚕当計」と名付け,これを利用した標準飼育法を完成させ,その骨子を『蚕当計秘訣』(1849)なる冊子にまとめて出版した。当初はこの技術を排斥する者もあったというが,まもなく優れた方法と認められ,以後,養蚕に温度計を使用することが普及していった。「蚕当計」製造への着手から『蚕当計秘訣』の出版までに10年もかかっており,善右衛門の養蚕改良への執念のほどが窺われる。<参考文献>松村敏「『蚕当計秘訣』解題」(『日本農書全集』35巻),庄司吉之助『近世養蚕業発達史』

(松村敏)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

中村善右衛門の関連キーワード10月7日田口留兵衛明治時代