コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

体温計 たいおんけい clinical thermometer

6件 の用語解説(体温計の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

体温計
たいおんけい
clinical thermometer

体温を測定するための器具。水銀温度計は,普通の液体温度計よりも細い毛細管を用い,さらに水銀だめと毛細管との間の部分をきわめて細くし,最高温度まで達したのち,冷えるときに水銀柱がこの部分で切れて,最高温度の指示が残るようになっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たいおん‐けい〔タイヲン‐〕【体温計】

体温をはかる温度計。体温器。検温器。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

体温計【たいおんけい】

検温器とも。体温の計測に用いる温度計。一般には,棒状または平形の最高水銀温度計(毛細管の一部にくびれがあり,温度が降下しても水銀は下がらない)を用いる。検温時間により半分計,1分計,3分計などがある。
→関連項目最高温度計水銀温度計

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たいおんけい【体温計 clinical thermometer】

体温測定(検温ともいう)に用いられる温度計。体温測定は体調を知るために日常よく用いられる簡単な方法の一つである。水銀体温計と電子体温計とがあるが,水銀体温計には測定部位によって,口腔用,肛門(直腸)用の棒状体温計と腋窩用の平型体温計がある。一般には直腸温,口腔温,腋窩温の測定をもって体温と称し,直腸温>口腔温>腋窩温の順になる。一日のうち測定する時間によって体温は変化し,また個人差があるので,平常の状態で一定期間測定し,平常の体温(平熱)を知り,その比較で身体の状態を知ることがたいせつである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たいおんけい【体温計】

体温を測る温度計。検温器。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

体温計
たいおんけい

体温を測定するための温度計。水銀温度計(水銀体温計)、サーミスター温度計(電子体温計)、熱電対温度計などの種類があり、目的に応じて使い分けられる。一般によく用いられる水銀体温計は水銀を細いガラス管の中に排気密閉し、温度に伴う水銀の体積膨張を利用したものである。形態としては平(ひら)型と棒状があり、平型は薄いガラス管の中に水銀柱のガラス管が入るという二重管構造で、目盛りは拡大されて見やすくなっている。また棒状のものは厚い一重ガラスの中に水銀が入っている。水銀体温計の水銀槽とガラス管の境目が細くなっているところを留点(りゅうてん)といい、水銀が膨張してガラス管に入り、一定温度を示したあと、身体から離しても水銀柱が下降しないのは、この留点の作用による。水銀柱を下降させるには、水銀槽を人差し指で保護して強く振り下げるか、体温計をケースに入れ、紐(ひも)を回転させて、その遠心力で下げるとよい。電子体温計は数十秒ほどの短時間で安定した値が得られるので、乳児など動いて測定困難な対象には便利である。熱電対温度計は実験用で、臨床にはほとんど使用されない。
 体温とは身体内部の温度のことであるが、実際には腋窩(えきか)(腋窩温)、顎下(がくか)(顎下温)、口腔(こうくう)(口腔温)、直腸(体腔温)で測定している。体腔温のほうが体内温に近い値が得られるが、日本では新生児や乳児以外は腋窩で測定するのが一般的である。腋窩温は、平型体温計を腋窩腔の最奥、腋窩前後径の中央よりやや前寄りに水銀槽の部分を当てて10分間以上測定する。この際には腋窩腔をしっかりと閉じたままにしておくが、腋窩の汗は、あらかじめ、摩擦熱をおこさないように静かにふき取ることが必要である。欧米諸国のように口腔で測定する場合は、棒状体温計(水銀槽の細長いもの)を舌下中央部に当て、舌でこれを十分に覆って5分間以上測定する。なお、測定直前(理想的には30分前)には、熱いものや冷たいものを飲食してはならない。婦人体温計とよばれるものは、早朝起床前の一定時刻に仰臥(ぎょうが)のまま口腔内で検温するのに用いられるが、その継続測定記録は妊娠診断、不妊症の治療、受胎調節への応用などに利用される。直腸で測定する場合は、組織の損傷防止を考えてつくられた棒状体温計(水銀槽が球形のもの)を用いて3分間以上測定する。
 体温計に表示されている1分計、3分計、5分計というのは温度を感知するに必要な時間であって、けっして測定時間ではない(測定時間は、さらに数分間が必要となる)。使用後は水銀を35℃以下に下げて水洗後、必要に応じて消毒し、高温や日光の当たる所を避けて保管するとよい。日本の体温計はすべて摂氏(せっし)で目盛られており、市販品はどれも計量法による検定合格品である。なお、古くなったものは、各都道府県の計量検定所で検査してもらうことができる。[山根信子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

体温計の関連キーワードカタ温度計体温バイメタル温度計ベックマン温度計検温黒球温度黒球温度計デバイ温度レオミュール温度目盛摂氏温度目盛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

体温計の関連情報