コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村嘉種 なかむら よしたね

1件 の用語解説(中村嘉種の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村嘉種 なかむら-よしたね

1678-1744 江戸時代中期の儒者。
延宝6年生まれ。19歳のとき京都にでて伊藤仁斎(じんさい)に師事,のち江戸で三宅観瀾(みやけ-かんらん)にまなんだ。宝永(1704-11)のころ土佐高知藩にまねかれ留守居役などをへて藩主の侍講となった。延享元年9月死去。67歳。土佐出身。字(あざな)は仲武。通称は惣次郎。号は七友斎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中村嘉種の関連キーワード延享表千家鳥居清忠(初代)カルナータカ戦争ダゴホイの乱浮絵草梁倭館と日本人居留地放課後等デイサービス男性の1人世帯和蘭

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone