コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三宅観瀾 みやけ かんらん

9件 の用語解説(三宅観瀾の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

三宅観瀾

水戸藩儒臣。名は緝明、字は用晦、通称九十郎、号は観瀾・端山。三宅石庵の弟。京都の人。木下順庵に師事。程朱学派。享保3年(1718)歿、45才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みやけ‐かんらん〔‐クワンラン〕【三宅観瀾】

[1674~1718]江戸中期の儒学者。京都の人。名は緝明(しゅうめい)。浅見絅斎(あさみけいさい)木下順庵に学び、徳川光圀に招かれて「大日本史」の編纂に協力した。のち、幕臣として活躍。著「中興鑑言」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

三宅観瀾【みやけかんらん】

江戸中期の朱子学者,史学者。名は緝明(つぐあき),字は用晦,通称は九十郎。京都の人。三宅石庵の弟。浅見絅斎木下順庵に学ぶ。1699年より水戸藩に仕え,1710年彰考館総裁となり,翌1711年新井白石に推されて幕府儒官となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三宅観瀾 みやけ-かんらん

1674-1718 江戸時代中期の儒者。
延宝2年生まれ。三宅石庵の弟。浅見絅斎(けいさい),木下順庵にまなぶ。徳川光圀(みつくに)の招きで彰考館にはいり,「大日本史」の編修にくわわり,南朝武将列伝を担当。宝永7年(1710)総裁となり,翌年幕府儒官に登用された。享保(きょうほう)3年8月26日死去。45歳。京都出身。名は緝明。字(あざな)は用晦。通称は九十郎。著作に「中興鑑言」「観瀾文集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

三宅観瀾

没年:享保3.8.21(1718.9.15)
生年:延宝2(1674)
江戸中期の儒学者。名は緝明,字は用晦,通称は九十郎。観瀾はその号。京都の町人儒者三宅道悦の子で,大坂懐徳堂の学主三宅石庵の弟。元禄11(1698)年江戸に下り,翌年栗山潜鋒の推薦で水戸藩に仕え,彰考館編修となり『大日本史』編纂に従事。13年200石を給され,宝永5(1708)年編修兼務で進物番に昇進。6年「将軍伝私議」を草し,鎌倉・室町幕府の将軍が政権を掌握している実態に即し,将軍伝を本紀に準じて取り扱う策を講ずべしと論じ,採用された。栗山潜鋒著『保建大記』の序文(観瀾筆)によると,潜鋒は神器正統論を,観瀾は正統在義論を唱えて両者の間に論争があったという。7年彰考館総裁に就任したが,翌正徳1(1711)年新井白石の推薦で幕府の儒官に転じた。後醍醐天皇の政治の得失を論じた『中興鑑言』をはじめ,『烈士報讐録』などの著がある。<参考文献>吉田一徳『大日本史紀伝志表撰者考』,『水戸市史』中巻1

(鈴木暎一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みやけかんらん【三宅観瀾】

1674‐1718(延宝2‐享保3)
江戸中期の史学者。名は緝明(つぐあき),通称は九十郎,観瀾は号。京都の町人儒者三宅道悦の子で三宅石庵の弟。浅見絅斎(けいさい)の門に入ったが,のち破門された。1699年(元禄12)水戸藩に仕え彰考館編修。南朝の史実に詳しく《中興鑑言》を著し,また楠木氏,新田氏などの《大日本史》列伝を執筆した。1710年(宝永7)彰考館総裁となったが,翌年幕府の儒臣に登用された。著書はほかに《論賛駁語》《観瀾文集》などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

みやけかんらん【三宅観瀾】

1674~1718) 江戸中期の儒学者。京都の人、一説に美濃の人。名は緝明、字あざなは用晦。浅見絅斎けいさい・木下順庵に学ぶ。彰考館に入り「大日本史」編纂に携わり、のち彰考館総裁。新井白石の推薦により幕臣となり、朝鮮使節接待役を務めた。著「中興鑑言」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三宅観瀾
みやけかんらん

[生]延宝2(1674).京都
[没]享保3(1718).8.26.
江戸時代中期の朱子学派の儒学者。名は緝明,字は用晦,通称は九十郎。儒学者三宅石庵の弟。初め浅見絅斎に,のち江戸に出て木下順庵に朱子学を学んだ。元禄 12 (1699) 年水戸光圀に招かれ,彰考館総裁となり,『大日本史』の編纂に従事。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三宅観瀾
みやけかんらん
(1674―1718)

江戸中期の儒学者、歴史学者。諱(いみな)は緝明(しゅうめい)、字(あざな)は用晦(ようかい)、通称九十郎、号は観瀾また端山(たんざん)。町人儒者三宅道悦(どうえつ)(正清)の子として京都に生まれる。懐徳堂(かいとくどう)学主三宅石庵(せきあん)(1665―1730)の弟。初め崎門(きもん)学者浅見絅斎(あさみけいさい)に学び、のち江戸に出て木下順庵(きのしたじゅんあん)の門に入る。1697年(元禄10)水戸藩の彰考館(しょうこうかん)に入り、1710年(宝永7)その総裁となったが、翌1711年去って幕府に仕えた。主著は建武(けんむ)の新政(中興)の得失を論じた『中興鑑言(かんげん)』。享保(きょうほう)3年8月26日没。[瀬谷義彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三宅観瀾の関連キーワード竹川政辰平蕉斎藤山惟熊横谷友信渡辺春菴越智高洲釈祐照漢儒立松東蒙脇屋蘭室