コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村市右衛門 なかむら いちえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村市右衛門 なかむら-いちえもん

1577-1652 江戸時代前期の槍術(そうじゅつ)家。
天正(てんしょう)5年生まれ。宝蔵院胤栄(いんえい)に十文字槍をまなぶ。のち江戸で門人におしえた。寛永8年越前(えちぜん)福井藩主松平忠昌(ただまさ)につかえ,槍術師範をつとめた。慶安5年3月13日死去。76歳。名は尚政。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中村市右衛門の関連キーワード安土桃山時代(年表)承応鷹巣城七尾城スマラガ天荊松永久通エル・グレコ中国征伐天野屋太郎左衛門

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone