コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中国征伐 ちゅうごくせいばつ

5件 の用語解説(中国征伐の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中国征伐
ちゅうごくせいばつ

織田信長天下統一の一環として,天正5 (1577) ~10年に行なった宇喜多,毛利両氏の討伐戦。毛利氏本願寺や武田氏らと通じて信長をはさみ撃ちしようとしていた。これに対して,豊臣秀吉姫路城を根拠に播磨の各城を攻略した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちゅうごく‐せいばつ【中国征伐】

天正5年(1577)以降、織田信長羽柴秀吉を指揮官として、宇喜多・毛利氏らの勢力圏である中国地方を攻めた戦い。天正10年(1582)、本能寺の変により秀吉と毛利氏の間に和議が成立した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうごくせいばつ【中国征伐】

1577‐82年(天正5‐10)羽柴(豊臣)秀吉が織田信長の指示によって行った播磨,但馬,因幡,備前,備中の平定戦。中国征伐が開始されたのは明智光秀の丹波・丹後侵入と同じく,石山本願寺の攻防をめぐって織田氏と毛利氏とが戦火をまじえるに至った年である。秀吉は小寺氏の播磨姫路城を根拠として播磨を平定し,但馬に侵入しようとした。1578年毛利氏のため上月城が陥落して盟友尼子一族が滅び,翌年には秀吉自身が信長に専断を叱責されるという困難に遭遇したが,80年正月には別所長治を三木城に自殺させて播磨を制圧し,11月には備前岡山の宇喜多直家を誘降して山陽における毛利氏の抵抗線を崩し,翌年因幡鳥取城を落として毛利氏の山陰の拠点を奪い,そして82年備中に侵入して高松城を囲み,毛利氏の援軍と全面的に対決することになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちゅうごくせいばつ【中国征伐】

1577年以後、織田信長が羽柴秀吉を派遣して、宇喜多・毛利氏らの勢力圏である中国地方を服属させようとした戦い。宇喜多氏は降伏、毛利氏は本能寺の変の直後に秀吉と和議を結んだ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中国征伐
ちゅうごくせいばつ

1577年(天正5)以降、織田信長が毛利輝元(もうりてるもと)の勢力圏である中国地方に対し行った侵攻戦。信長と毛利氏は、但馬(たじま)・播磨(はりま)(ともに兵庫県)の西側を境として、表面上は友好関係を維持してきたが、1576年、信長が石山本願寺(いしやまほんがんじ)(大阪市)攻めを開始すると、毛利氏は、淡路岩屋(あわじいわや)城(兵庫県淡路市)を占拠し、信長軍を撃破して本願寺を救援、翌1577年には播磨へ侵入した。このため信長は、羽柴(はしば)(豊臣(とよとみ))秀吉を指揮官に任じ中国征伐を開始、秀吉は、播磨、但馬を転戦し上月(こうづき)城(兵庫県佐用(さよう)町)などを攻略した。1578年、播磨三木(みき)城(三木市)主別所長治(べっしょながはる)、摂津有岡(せっつありおか)城(伊丹(いたみ)市)主荒木村重(むらしげ)が信長に離反したが、1579年、備前(びぜん)の宇喜多(うきた)氏、東伯耆(ひがしほうき)の南条(なんじょう)氏が信長に帰順し、有岡城も落城、丹波(たんば)、丹後(たんご)も明智光秀(あけちみつひで)によって平定された。1580年、別所長治を滅亡させた秀吉は、播磨一向一揆(いっこういっき)の拠点英賀(あが)(姫路市)を占拠して一揆を解体し、播磨を平定すると、姫路城(姫路市)を修築して居城とした。また弟秀長(ひでなが)によって但馬が平定されると、1581年、因幡(いなば)鳥取城(鳥取市)を攻略し、同年淡路を平定、1582年、毛利水軍の伊予来嶋(いよくるしま)氏を帰順させ、備中高松(びっちゅうたかまつ)城(岡山市北区高松)を水攻めにして、救援に駆けつけた毛利氏と対峙(たいじ)した。信長も、自ら中国・四国平定のため出陣したが、京都本能寺(ほんのうじ)で光秀の謀反により自害する。この飛報を得た秀吉は、高松城主清水宗治(しみずむねはる)の切腹と、毛利領国のうち備中、美作(みまさか)、伯耆三か国の割譲を条件に講和を締結し、兵を撤収、中国征伐は未完に終わった。その後秀吉は、領国割譲に関する毛利側の要請をいれ、西伯耆・備中高梁(たかはし)川以西を毛利領として画定し、1583年、毛利氏もこれを受諾して以後秀吉に従属した。[舘鼻 誠]
『『兵庫県史 第3巻』(1977・兵庫県) ▽参謀本部編『日本戦史 中国役』(1979・村田書店) ▽渡辺世祐著『毛利輝元卿伝』(1982・マツノ書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の中国征伐の言及

【豊臣秀吉】より

…このころ筑前守に任ぜられ羽柴姓を称し,奉行人としての地歩を固めた。77年の中国征伐には明智光秀とともに先鋒をつとめ,播磨三木城の別所長治を討ち,81年には吉川(きつかわ)経家が守備する因幡鳥取城を陥落させ,翌年備中高松城を包囲し毛利氏との決戦を目前にしていた。このおりに信長暗殺の報に接し,直ちに毛利氏と講和を結んで兵をかえし,山崎の戦で明智光秀を破った。…

※「中国征伐」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中国征伐の関連キーワード竜野藩豊岡豊浜豊原羽柴豊幌羽柴秀勝(2)羽柴秀次羽柴秀保松平家広

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone