コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村梁山 なかむら りょうざん

1件 の用語解説(中村梁山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村梁山 なかむら-りょうざん

1731-1801 江戸時代中期-後期の儒者。
享保(きょうほう)16年生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。藩校明倫館で山県(やまがた)周南に師事し,塾頭となる。明和3年幕命による木曾川堤防の修理にあたる。7年江戸にでて世子毛利治親(はるちか)に経学をおしえ,のち藩主毛利斉房(なりふさ)の侍講となった。寛政13年1月22日死去。71歳。名は恭。字(あざな)は子順。通称は八郎兵衛。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

中村梁山の関連キーワード森蘭斎菅尚卜伊藤九皐維明画猫道人川島歌遊其音交寛美三鍼盤察