中村水竹(読み)なかむら すいちく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村水竹 なかむら-すいちく

1807-1872 江戸後期-明治時代の篆刻(てんこく)家。
文化4年生まれ。京都の人。代々近衛(このえ)家につかえた。篆刻家三雲仙嘯(みくも-せんしょう)に師事勅命により,安政3年御府(ぎょふ)の印を,慶応3年明治天皇の御名の璽,大日本国璽をつくった。明治5年1月6日死去。66歳。名は元祥。初名は霄。字(あざな)は爾祥,夢竜。別号に酔茗軒。著作に「官藩公印譜」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android