中村紀洋(読み)なかむら のりひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村紀洋 なかむら-のりひろ

1973- 平成時代のプロ野球選手。
昭和48年7月24日生まれ。内野手。右投げ,右打ち。平成4年ドラフト4位で近鉄バファローズ入団。同年初安打を本塁打で飾り,のち独特のフォームの一本足打法で強打者としてならす。12年本塁打王(39本),打点王(110)。同年のシドニー五輪では日本代表チームの4番をつとめる。13年打点王(132)となり,近鉄のパ・リーグ優勝に貢献。17年合併したオリックス・バファローズからポスティングシステムアメリカ大リーグに挑戦したが満足な成績を残せず,同年オリックスへ復帰。19年中日ドラゴンズに入団テストをへて入団。20年東北楽天ゴールデンイーグルス,23年横浜ベイスターズ(現・横浜DeNAベイスターズ)と移籍。25年2000本安打を達成。大阪府出身。渋谷高卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中村紀洋の関連情報