コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村里好(初代) なかむら りこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村里好(初代) なかむら-りこう

1742-1786 江戸時代中期の歌舞伎役者。
寛保(かんぽう)2年生まれ。初代中村歌右衛門の門弟。中村千三郎,中村松右衛門を名のり若女方をつとめる。宝暦11年中村松江(まつえ)(初代)と改名し,安永2年里好とあらためた。美貌(びぼう)で世話女房傾城(けいせい)役を得意とした。天明6年10月11日死去。45歳。俳名は里公,里好。屋号堺屋

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

中村里好(初代)

没年:天明6.10.11(1786.11.1)
生年:寛保2(1742)
江戸中期の歌舞伎役者。俳名里好,屋号堺屋。初代中村歌右衛門の門弟。初名千三郎を経て宝暦初年から中村松右衛門を名乗って上方で修業,若女形として成長した。宝暦11(1761)年江戸に下って松江と改名し,以後江戸で活躍した。里好と改めたのは安永2(1773)年のこと。美貌の女形で人気があり,得意な役柄は世話女房や傾城などであった。なお前名の松右衛門は,子供芝居で好評を得た「ひらがな盛衰記」の役名をそのままとったもの。里好の名は2代目(のちに初代嵐璃光となる)までだが,前名の松江は若女形の名として現代の5代目まで続いている。<参考文献>『日本庶民文化史料集成』6巻

(池山晃)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

中村里好(初代)の関連キーワード中村松江(初代)嵐璃光(初代)大商蛭子島

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android