コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世話女房 セワニョウボウ

デジタル大辞泉の解説

せわ‐にょうぼう〔‐ニヨウバウ〕【世話女房】

こまめに夫の面倒をみて、家庭内をうまく切りまわす妻。また、家事に苦労して所帯じみた妻。
歌舞伎で、世話場に登場する女房。また、その役。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

世話女房

兵庫県、白鶴酒造製造・販売する焼酎の商品名。同社独自の低温発酵と減圧方法による低温蒸留を採用した本格麦焼酎。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

せわにょうぼう【世話女房】

所帯の切り回しがじょうずで、夫の面倒をよくみる妻。
歌舞伎で、世話場に登場する町人や農家の女房。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世話女房の関連キーワード河原崎 国太郎(3代目)坂東 秀調(2代目)河原崎国太郎(3代)中村 時蔵(3代目)岩井半四郎(4代)中山富三郎(初代)中村富十郎(初代)山下八百蔵(初代)中村里好(初代)中村時蔵(3代)中村大吉(初代)花桐豊松(3代)嵐富之助(初代)山下金作(4代)坂東秀調芳沢玉妻松田百花世話丸髷かつら兵庫県

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android