コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中津城 なかつじょう

日本の城がわかる事典の解説

なかつじょう【中津城】

大分県中津市二の丁にあった梯郭式の水城。今治城高松城と並ぶ日本三大水城の一つに数えられる。周防灘(すおうなだ)に臨む山国川河口の地に築城され、堀には海水が引き込まれている。本丸を中心として、北に二の丸、南に三の丸があり、全体がほぼ直角三角形の扇形をした縄張りであった。1587年(天正15)、豊臣秀吉の名軍師・黒田如水(じょすい)が古城、犬丸城を修築したもので、1620年(元和7)に細川忠興(ただおき)が入封。1877年(明治10)の西南戦争で残っていた建物が消失し、現在は模擬天守と櫓(やぐら)がある。福沢諭吉旧居と並び、城下町中津を代表する観光名所となっている。JR日豊本線中津駅下車、徒歩15分。◇扇城(せんじょう)とも呼ばれる。

出典 講談社日本の城がわかる事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

中津城

豊臣秀吉の側近だった黒田孝高(如水)が1588(天正16)年に築城。細川、小笠原と藩主が代わり、1717(享保2)年に奥平家が入城した。天守閣があったかは定かではない。今の天守閣は1964(昭和39)年、17代当主の昌信さんが中心となって再建した「模擬天守閣」。司馬遼太郎は「街道をゆく」の中で「天守閣が建っているのを見て驚かされた。このまちを尊敬しているだけに、かすかながら興ざめた」と記している。

(2007-12-08 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

中津城の関連キーワード黒田官兵衛孝高(よしたか)大分県中津市二ノ丁福沢諭吉旧居小笠原長胤内海作兵衛直角三角形木山紹宅細川忠興黒田如水黒田長政豊臣秀吉黒田氏豊前国二の丸三の丸縄張り中津藩

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中津城の関連情報