黒田如水(読み)くろだじょすい

百科事典マイペディアの解説

黒田如水【くろだじょすい】

安土桃山時代の武将。キリシタン大名。名は官兵衛孝高(よしたか),洗礼名ドン・シメオン。初め小寺氏に属して小寺姓を名乗り姫路城にいたが,織田信長・豊臣秀吉に仕え,特に秀吉の謀将として中国征伐,九州征伐に従軍。1587年豊前(ぶぜん)中津城主として12万石を領す。文禄・慶長の役に出陣。関ヶ原の戦で徳川方に属した。
→関連項目黒田氏黒田長政

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の黒田如水の言及

【黒田孝高】より

…織豊政権期の武将。名は官兵衛。勘解由次官,如水円清などを称す。一族は,播磨守護赤松氏や小寺氏に仕え,初め小寺姓を名のった。織田信長の中国進出にくみし,羽柴秀吉の参謀として軍略家の名をはせた。1578年(天正6)荒木村重が信長に背いたとき,説得に赴いたが失敗した。80年,播磨揖東郡内1万石を与えられたのを始めとして,数々の戦功により,九州征伐後の87年には,豊前6郡を領した。89年,剃髪して家を子長政に譲り,秀吉に近侍し,小田原征伐,文禄・慶長の役などおもに軍事面で活躍した。…

【姫路城】より

…兵庫県姫路市本町の姫山にある城郭。天守,櫓などの建築群を今に遺すことで名高い。起源は1346年(正平1∥貞和2)赤松貞範が姫山に城を築いたことに始まる。近世の築城は,1580年(天正8)に当時の城主黒田孝高(如水)が,毛利氏と戦うべく西下した羽柴秀吉にこの城を明けわたし,秀吉の居城として普請したのに始まる。秀吉の後もその親族が城主であったが,関ヶ原の戦後,徳川家康はここに池田輝政を封じ,西国大名に備えた。…

※「黒田如水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒田如水の関連情報