コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水城 みずき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水城
みずき

福岡県中部,太宰府市西部の地区。旧村名。 1955年太宰府町と合体,82年太宰府市となる。石堂 (御笠) 川の流れる二日市狭隘部に位置し,福岡市の郊外住宅地として発展している。天智3 (664) 年新羅に対する大宰府防衛のため,水城堤防が建設された。川には水門を設けたが,使用した木材はいま観世音寺に保存。特別史跡に指定されている水城跡と大宰府跡のほか,史跡の筑前国分寺跡など古跡が多く,付近は太宰府県立自然公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

水城【みずき】

大宰府の防衛施設。古代に築かれた土塁で,現状は長さ約1.2km,高さ約13m。戦時には御笠(みかさ)川をせき止めて水をためたのがその名の由来とされる。664年築造,765年には改修があったらしい。
→関連項目大野城基肄城

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みずき【水城】

福岡県太宰府,大野城両市の境界に築かれた古代の土塁。大宰府跡の北西約1.5kmに位置し,特別史跡。664年(天智3),前年の白村江敗戦後の防衛強化の一環として防人(さきもり),烽(とぶひ)の配備に続いて築かれ,《日本書紀》には〈筑紫に大堤を築きて水を貯えしむ,名づけて水城という〉とある。土塁は東の大野城が築かれた四王寺山と西の脊振山地をつなぐように南西方向にほぼ一直線に築かれ,博多湾沿岸から筑紫平野に通じる平地の最狭部をふさぎ,大野城,基肄(きい)城などとともに大宰府を防衛する羅城を形成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

みずき【水城】

664年大宰府防衛のために築造された土塁。福岡県太宰府市水城にその遺跡があり、博多方面から太宰府に至る関門にあたっていた。延長約1キロメートル、基底部幅約80メートルで、内側に水をたたえた。

みずじろ【水城】

防御の重点が川・湖など、水利に多く依存できる場所に設けられた城。海を利用したものを別に海城という場合もある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の水城の言及

【堀】より

…外敵から守るため,集落の周囲に堀を設けることは先史以来行われ,縄文・弥生時代の集落址にも周濠が認められるものがある。古代では,仁徳天皇が難波高津宮の北の原野を掘り,南の水(大和川)を引いて西の海(大阪湾)へ入れた堀江,斉明天皇が大和香具山の西から石上山まで,延べ約3万人の人夫を要して掘らせた〈狂心(たぶれこころ)の渠〉などの伝承があるが,664年(天智3)に大宰府防衛のために築かれた水城(みずき)は,高さ14m,延長1kmの土塁,東西の門址,礎石が残る。都城の建設においても,平城京・平安京の堀川や大内裏周囲に堀がつくられた。…

※「水城」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

水城の関連情報