コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中洲雀 なかずすずめ

1件 の用語解説(中洲雀の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

なかずすずめ【中洲雀】

洒落本。道楽山人無玉(どうらくさんじんむぎよく)作。1777年(安永6)刊。1冊。作者の夢にあらわれた浅草因果地蔵尊が世相を論ずる。とくに安永1年大川(隅田川)に築き立てられて,同4年には家屋が立ち並んで行楽地,遊里として栄えた中洲新地(現,中央区日本橋中洲のあたり)をとりあげて,その風俗,料理茶屋見世物などを狂文風に描き,よく情景をつくしている。89年(寛政1)には取り払いになった中洲を扱った最初の洒落本として注目される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone