コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中洲雀 なかずすずめ

世界大百科事典 第2版の解説

なかずすずめ【中洲雀】

洒落本。道楽山人無玉(どうらくさんじんむぎよく)作。1777年(安永6)刊。1冊。作者の夢にあらわれた浅草因果地蔵尊が世相を論ずる。とくに安永1年大川(隅田川)に築き立てられて,同4年には家屋が立ち並んで行楽地,遊里として栄えた中洲新地(現,中央区日本橋中洲のあたり)をとりあげて,その風俗,料理茶屋,見世物などを狂文風に描き,よく情景をつくしている。89年(寛政1)には取り払いになった中洲を扱った最初の洒落本として注目される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

中洲雀の関連キーワード武左

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android