コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中浜哲 なかはま てつ

2件 の用語解説(中浜哲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中浜哲 なかはま-てつ

1897-1926 大正時代の無政府主義者。
明治30年1月1日生まれ。大正10年大阪で加藤一夫の自由人連盟にくわわる。11年古田大次郎らと東京で反逆者クラブ(のちギロチン社)を結成。大阪の銀行襲撃など一連の事件で逮捕,15年4月15日処刑された。30歳。福岡県出身。早大中退。本名は富岡誓。名は鉄ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

中浜哲

没年:大正15.4.15(1926)
生年:明治30.1.1(1897)
大正期の反逆的な詩人,社会運動家。本名富岡誓,別名鉄。福岡県企救郡東郷村(北九州市)に生まれた。家業は漁業。豊津中学を卒業。新聞記者,軍隊生活ののち,大正10(1921)年加藤一夫らの自由人連盟に参加した。各地を放浪した末,11年に古田大次郎らと反逆者クラブ(のちギロチン社)を結成。同年9月の総連合運動(日本労働組合連合)創立大会には自由労働者同盟の代表として出席。大震災後は企業などから資金を取得する「リャク」に関与し,13年3月実業同志会事務所で逮捕された。銀行襲撃の小坂事件(1923)などギロチン社関係の事件で起訴され,2審で死刑となるが,古田に倣って上告せず刑死した。この間多くの労働詩,反逆詩を残した。<参考文献>『祖国と自由』1925年12月号,古田大次郎『死の懺悔』,秋山清『ニヒルテロル

(小松隆二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中浜哲の関連キーワード社会運動運動家難波大助伊串英治浦田武雄江口榛一緒方貞代木本凡人後藤謙太郎根岸正吉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone