コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中浜哲 なかはま てつ

2件 の用語解説(中浜哲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中浜哲 なかはま-てつ

1897-1926 大正時代の無政府主義者。
明治30年1月1日生まれ。大正10年大阪で加藤一夫の自由人連盟にくわわる。11年古田大次郎らと東京で反逆者クラブ(のちギロチン社)を結成。大阪の銀行襲撃など一連の事件で逮捕,15年4月15日処刑された。30歳。福岡県出身。早大中退。本名は富岡誓。名は鉄ともかく。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

中浜哲

没年:大正15.4.15(1926)
生年:明治30.1.1(1897)
大正期の反逆的な詩人,社会運動家。本名富岡誓,別名鉄。福岡県企救郡東郷村(北九州市)に生まれた。家業は漁業。豊津中学を卒業。新聞記者,軍隊生活ののち,大正10(1921)年加藤一夫らの自由人連盟に参加した。各地を放浪した末,11年に古田大次郎らと反逆者クラブ(のちギロチン社)を結成。同年9月の総連合運動(日本労働組合連合)創立大会には自由労働者同盟の代表として出席。大震災後は企業などから資金を取得する「リャク」に関与し,13年3月実業同志会事務所で逮捕された。銀行襲撃の小坂事件(1923)などギロチン社関係の事件で起訴され,2審で死刑となるが,古田に倣って上告せず刑死した。この間多くの労働詩,反逆詩を残した。<参考文献>『祖国と自由』1925年12月号,古田大次郎『死の懺悔』,秋山清『ニヒルテロル

(小松隆二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

中浜哲の関連キーワード日本映画フィリピン革命国葬大正天皇昭和イギリス映画小作争議文芸時代帝国大学オールコック

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone