コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中禅寺温泉 ちゅうぜんじおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中禅寺温泉
ちゅうぜんじおんせん

栃木県西部,中禅寺湖畔にある温泉。泉質は硫黄泉。泉温は 45℃。温泉は日光湯元温泉からの引き湯で,湖の北東岸に温泉集落が形成されている。華厳滝に近く,湖上遊覧,男体山の登山起点ともなっている。日光東照宮参拝客などおもに団体旅行や修学旅行客に利用される。金精峠越えの観光道路が開通し,日光いろは坂の整備もあって,日帰り客が多く,みやげ品店や飲食店が集中している。日光国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中禅寺温泉の関連情報