コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

温泉集落 おんせんしゅうらく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

温泉集落
おんせんしゅうらく

温泉を中心として観光休養地として発達した集落。温泉鉱泉の湧出するところは,一般に人々の観光および休養のための諸施設があり,多くの客を誘致する。そこにホテル,旅館,みやげ物店などが集って独特の市街を形成している。特に温泉が多く,温泉に入ることが好まれる日本では,温泉集落が多くみられる。なかでも熱海別府泉都といわれ盛況を呈している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の温泉集落の言及

【温泉】より

…なお,入湯の習俗については〈風呂〉の項を参照されたい。【大山 正雄】
【温泉集落】
 古代から日本人は温泉を利用してきたので,温泉の湧出地には集落ができることが多く,熱海や別府のように都市に成長した例もある。湯治は江戸時代に入ってからとくに盛んになり,庶民の間には掛金を積みたて,団体で湯治場に出かける湯入講があった。…

※「温泉集落」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

温泉集落の関連キーワード日光湯元温泉阿蘇[町]三朝[町]中禅寺温泉妙高高原摩周温泉草津温泉杖立温泉四万温泉下諏訪町熱海温泉熱川温泉強羅温泉登別温泉湯ノ湖草津町壱岐

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android