コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日光湯元温泉(読み)ニッコウユモトオンセン

大辞林 第三版の解説

にっこうゆもとおんせん【日光湯元温泉】

日光市の温泉。白根山の東麓の湯湖北岸にある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日光湯元温泉
にっこうゆもとおんせん

栃木県日光市西部、湯ノ湖北岸にある温泉。三岳西麓(みつだけせいろく)に沿って南北方向に20源泉が並ぶ。泉質は硫黄泉。白根沢など西方から押し出した土砂により形成された扇状地上に温泉集落がある。『日光山志』には中禅寺温泉と記載され、温泉は日光町方の者が所有し、河原湯など九湯の湯室を4~9月に開き、冬は日光町方面へ下っていた。国民保養温泉地に指定。冬にはスキー場が開かれ、四季を通じて観光客が訪れる。年間数十万人が利用する。[平山光衛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日光湯元温泉の関連情報