コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金精峠 こんせいとうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金精峠
こんせいとうげ

旧名は 樾 (こむら) 峠。栃木県日光市と群馬県片品村の境にある峠。標高 2024m。金精権現がまつられ,晴れた日の奥日光方面の眺望はすばらしい。金精道路がこの下をトンネルで通過。日光国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

金精峠【こんせいとうげ】

栃木・群馬県境,日光白根山の北にある標高2024mの峠。名は峠上にあった金精神社に由来。菅沼,温泉(ゆぜん)ヶ岳が近く,湯ノ湖男体山の展望もすぐれ,日光国立公園に属する。
→関連項目奥日光

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こんせいとうげ【金精峠】

栃木県日光市と群馬県片品村の境界,金精山と温泉ヶ岳(ゆぜんがたけ)との鞍部に位置する峠。標高2024m。性器崇拝の神である金精大明神をまつる金精神社が峠の上にある。奥日光最高所の峠で,ここから白根山や温泉ヶ岳への登山路が通じる。湯元と菅沼を結ぶ有料の金精道路(国道120号線の一部)が1965年に開通し,峠直下は長さ755mの金精トンネルとなっている。このトンネルの開通によって奥日光と群馬,新潟方面が結ばれ,日光観光圏と上信越観光圏を結ぶ観光ルート開かれた

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔栃木県(群馬県)〕金精峠(こんせいとうげ)


栃木・群馬県境、白根(しらね)山北東の金精山と温泉ヶ(ゆせんが)岳の鞍部(あんぶ)にある峠。標高約2020m。峠下のトンネルを国道120号の一部をなす金精道路(かつて有料道路だったが1995年に無料化)が抜ける。奥日光(おくにっこう)・湯ノ湖方面の眺望にすぐれる。峠の南方には金精神社がある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金精峠
こんせいとうげ

栃木県日光市と群馬県利根(とね)郡片品(かたしな)村との境、温泉(ゆせん)ヶ岳と金精山との鞍部(あんぶ)の峠。標高2024メートル。峠に金精神社が祀(まつ)られており、金精山から白根(しらね)山への登山路などが通じている。峠の下を長さ755メートルの金精トンネルがうがたれ、日光湯元(ゆもと)と菅(すげ)沼を結ぶ8.14キロメートルの金精道路が1965年(昭和40)に開通し、日光―沼田間の国道120号全線の自動車交通が可能となった。しかし、冬は雪のため閉鎖する。[平山光衛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金精峠の関連情報