中縮尺図(読み)ちゅうしゅくしゃくず(英語表記)medium(middle) scale map

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中縮尺図
ちゅうしゅくしゃくず
medium(middle) scale map

地形的縮尺図 topographic scale mapともいう。縮小率が中程度の地図。普通は1万分の1から 10万分の1ぐらいまでの地図をさし,具体的には2万 5000分の1の地形図をさすことが多い。中縮尺図は実測図であり,包括面積も適度に広く,詳細な実形描写なので,地図計測にも使える便利な縮尺であるが,位置の転位や総描が行われているため,詳細な計画図や工事の設計図にはならない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の中縮尺図の言及

【地図】より

… 地図はまた,視点をかえれば,いろいろな角度から分類することができる。たとえば縮尺という視点に立てば,大縮尺図,中縮尺図,小縮尺図などと分類できるし,作成方法という視点に立てば実測図と編集図に区分できる。さらに地図の図法(投影法)からも分類できるし,表現法からも分類できる。…

※「中縮尺図」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android