コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中臣人足 なかとみの ひとたり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中臣人足 なかとみの-ひとたり

?-? 飛鳥(あすか)-奈良時代の官吏。
中臣垂目の孫。中臣島麻呂の子。和銅元年(708)造平城京司次官。霊亀(れいき)2年神祇大副として出雲国造(いずものくにのみやつこ)の神賀事(かんよごと)を奏聞した。祭主,左(右)中弁,神祇伯などを歴任。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone