コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中臣国足(読み)なかとみの くにたり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中臣国足 なかとみの-くにたり

?-? 飛鳥(あすか)時代の官吏。
中臣国(くに)の子。「尊卑分脈」や「中臣氏系図」によれば,大化(たいか)元年(645)祭主となり,朝臣(あそん)の姓をさずかる。大錦上(だいきんじょう),奏官をつとめた。大和中臣寺(法光寺)を創建したといわれる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android