コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中臣祓訓解 なかとみのはらえくんげ

1件 の用語解説(中臣祓訓解の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

なかとみのはらえくんげ【中臣祓訓解】

鎌倉時代に作られた両部神道書。中臣祓は《延喜式》や《朝野群載》に収める大祓詞(おおはらえのことば)のことだが,平安末期は中臣祭文(なかとみのさいもん)とか大中臣経ともよばれて,神前で読誦される機会がふえた。その注釈書として《中臣祓注抄》がまず作られ,さらに真言密教の立場に立ち,中臣祓の注釈という形をとって両部神道を説く本書が現れた。編者はおそらく,やがて伊勢神道(度会(わたらい)神道)を唱える外宮(げくう)(豊受大神宮)祠官団と密接な関係にある者と推定される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中臣祓訓解の関連キーワード大中臣泰清擬古物語舎利塔俗神道橘三喜三輪神道両部神道卜部神道三部神道両部

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone