コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中臣祓 なかとみのはらえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中臣祓
なかとみのはらえ

6,12月の晦日に朝廷で行う大祓およびその祓詞 (はらえことば) の別称中臣氏が司っていたので,こう呼ばれるようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

中臣祓【なかとみのはらえ】

毎年6月と12月に朝廷で催された大祓祝詞(のりと)。代々中臣氏が司る役目なのでこう呼んだ。《延喜式》巻8所収。神道教説の枢要として,神道学者や国学者からきわめて重視され,中世の両部神道系の《中臣祓訓解(なかとみのはらえくんげ)》をはじめとして,近代に至るまで膨大な注釈書が書かれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なかとみのはらえ【中臣祓】

大祓詞(おおはらえのことば)のことで,中臣氏がこれを宣(の)るのを代々の業としたため,この名がある。中臣祭文(なかとみのさいもん)などともいった。ただし一般に大祓詞といえば,大祓の参集者に読み聞かせるものをいい,中臣祓といった場合は神前で奏上する形式に改められたものをいう。毎年6月,12月の晦日に行われる大祓には百官男女を祓所に聚集し,中臣は祓詞を宣り,卜部は解除を為(せ)よと定められていた。作者,製作年代はつまびらかでなく,一説に天智天皇の世に中臣金(くがね)が献じ,二季の大祓に用いたともいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

なかとみのはらえ【中臣祓】

大祓おおはらえの際中臣氏の読み上げる祓詞。また、中臣氏が儀式の主要部分を務めることから、大祓の別称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

中臣祓の関連キーワード国学(近世)天曹地府祭正親町公通橋村正身卜部兼倶出口延佳松岡仲良多田南嶺山崎闇斎度会延佳並河誠所垂加神道青木永弘高田未白浅利太賢吉田兼倶千度祓蓮門教谷秦山玉籤集

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android