コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中臣祓 なかとみのはらえ

4件 の用語解説(中臣祓の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中臣祓
なかとみのはらえ

6,12月の晦日に朝廷で行う大祓およびその祓詞 (はらえことば) の別称。中臣氏が司っていたので,こう呼ばれるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

中臣祓【なかとみのはらえ】

毎年6月と12月に朝廷で催された大祓祝詞(のりと)。代々中臣氏が司る役目なのでこう呼んだ。《延喜式》巻8所収。神道教説の枢要として,神道学者や国学者からきわめて重視され,中世の両部神道系の《中臣祓訓解(なかとみのはらえくんげ)》をはじめとして,近代に至るまで膨大な注釈書が書かれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

なかとみのはらえ【中臣祓】

大祓詞(おおはらえのことば)のことで,中臣氏がこれを宣(の)るのを代々の業としたため,この名がある。中臣祭文(なかとみのさいもん)などともいった。ただし一般に大祓詞といえば,大祓の参集者に読み聞かせるものをいい,中臣祓といった場合は神前で奏上する形式に改められたものをいう。毎年6月,12月の晦日に行われる大祓には百官男女を祓所に聚集し,中臣は祓詞を宣り,卜部は解除を為(せ)よと定められていた。作者,製作年代はつまびらかでなく,一説に天智天皇の世に中臣金(くがね)が献じ,二季の大祓に用いたともいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

なかとみのはらえ【中臣祓】

大祓おおはらえの際中臣氏の読み上げる祓詞。また、中臣氏が儀式の主要部分を務めることから、大祓の別称。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中臣祓の関連キーワード天津罪おはら節国津罪大祓の詞祓種祓詞祓の刀中臣の祓速秋津比売神中臣祓訓解

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中臣祓の関連情報