コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中観 チュウガン

2件 の用語解説(中観の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐がん〔‐グワン〕【中観】

天台宗でいう三観の一。三千諸法の一つ一つが絶対であることを直観すること。中諦(ちゅうたい)の理を観じ、中道の理を明らかにすること。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうがん【中観】

〘仏〙
天台宗の三観の一。あらゆる事物が固定した本質をもっておらず、しかも現象としてあるがままに存在していることを観ずることにおいて、同時に絶対的な真理を観ずること。中道観。
三論宗で、八不中道を観ずること。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中観の関連情報