コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中観 チュウガン

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐がん〔‐グワン〕【中観】

天台宗でいう三観の一。三千諸法の一つ一つが絶対であることを直観すること。中(ちゅうたい)のを観じ、中道の理を明らかにすること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうがん【中観】

〘仏〙
天台宗の三観の一。あらゆる事物が固定した本質をもっておらず、しかも現象としてあるがままに存在していることを観ずることにおいて、同時に絶対的な真理を観ずること。中道観。
三論宗で、八不中道を観ずること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

中観の関連キーワードタットバ・サングラハシャーンティラクシタシャーンタラクシタスバータントリカ派M. ワレーザーミバムギャンツォマートリチェータラーフラバドラブッダパーリタカマラシーラツォンカパ澄禅(1)八不中道大乗仏教一心三観田岡嶺雲夢東際醒レンダワ長尾雅人唯識派

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中観の関連情報