中野主一(読み)なかの しゅいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中野主一 なかの-しゅいち

1947- 昭和後期-平成時代のアマチュア天文家。
昭和22年9月11日生まれ。昭和61年渡米し,スミソニアン天体物理観測所研究員を4年間つとめて天体軌道計算の改良にあたる。平成6年シューメーカー・レビー第9彗星の木星衝突を予測。13年太平洋天文学会のアマチュアアチーブメント賞。「長年にわたり観測者から寄せられる新天体の軌道計算をつづけ,国内における新天体発見へ貢献」したとして,21年吉川英治文化賞。東亜天文学会(OAA)理事長。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android