中野宗助(読み)なかの そうすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中野宗助 なかの-そうすけ

1885-1963 明治-昭和時代の剣道家。
明治18年7月20日生まれ。長崎の高尾鉄叟(てっそう)にまなぶ。のち京都の武徳会武術教員養成所を卒業。昭和2年武徳会範士,6年朝鮮総督府剣道師範となる。終戦で帰国後,警察,高校の剣道師範をつとめた。32年全日本剣道連盟初の10段。昭和38年3月2日死去。77歳。福岡県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android