コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中間人物論批判 ちゅうかんじんぶつろんひはん

1件 の用語解説(中間人物論批判の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうかんじんぶつろんひはん【中間人物論批判】

1962年8月,中国作家協会は大連で〈農村を題材とする短編小説座談会〉を開催,周揚,茅盾(ぼうじゆん),趙樹理ら文芸界の指導的な作家,評論家17名が参加した。当時,作家協会副主席で党組書記の邵荃麟(しようせんりん)(1906‐71)が会を司会したが,彼はリアリズム論に立脚して題材と創作方法の多様化を主張し,大躍進運動(1958)以来の主観主義的な創作傾向,作品の概念化,公式化に反対した。このとき邵荃麟は〈両端は小さく,中間は大きい〉という茅盾の発言を引いて,中間にあって矛盾を抱えている農民像をリアルに描くことを提起した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

中間人物論批判の関連キーワードみかんぐみ角閃石黒雲母花崗岩藤村志保北島三郎チェコ文学天と地とアルシメド号ウェインコネリーブルック

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone