コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中間人物論批判 ちゅうかんじんぶつろんひはん

1件 の用語解説(中間人物論批判の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうかんじんぶつろんひはん【中間人物論批判】

1962年8月,中国作家協会は大連で〈農村を題材とする短編小説座談会〉を開催,周揚,茅盾(ぼうじゆん),趙樹理ら文芸界の指導的な作家,評論家17名が参加した。当時,作家協会副主席で党組書記の邵荃麟(しようせんりん)(1906‐71)が会を司会したが,彼はリアリズム論に立脚して題材と創作方法の多様化を主張し,大躍進運動(1958)以来の主観主義的な創作傾向,作品の概念化,公式化に反対した。このとき邵荃麟は〈両端は小さく,中間は大きい〉という茅盾の発言を引いて,中間にあって矛盾を抱えている農民像をリアルに描くことを提起した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中間人物論批判の関連キーワード日本文芸家協会文芸家協会萩陶芸家協会九州・沖縄作曲家協会石沢英太郎越智健三副島次郎天藤真カドーシャ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone