コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周揚 しゅうようZhou Yang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

周揚
しゅうよう
Zhou Yang

[生]光緒34(1908)
[没]1989.7. 北京
中国の評論家,政治家。湖南省益陽の人。字,起応。大夏大学卒業後,日本に留学。中国左翼作家連盟の書記をしていたが,1936年同連盟分裂後は文芸家協会を組織,「国防文学」を提唱し,「民族革命戦争の大衆文学」を提唱した魯迅胡風らとの間に「国防文学論争」を展開した。抗日戦争中は延安大学学長,魯迅芸術学院院長などをつとめ,解放後は文化部副部長,宣伝部副部長として中国の文学芸術界の指導者となり,胡風批判,丁玲批判の先頭に立った。文化大革命で文芸界の黒幕として,「国防文学」の王明の右翼日和見主義との関連,およびその指導方針が批判され,役職から失脚したが,四人組批判後復活し,中国科学院副院長,中国文学芸術界連合会副主席などをつとめた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅうよう【周揚】

1908~1989) 中国の文芸評論家。湖南省出身。本名は周起応。1935年「国防文学」を提唱し、魯迅らと対立した。解放後の文芸・思想運動に指導的役割を果たす。チョウ=ヤン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

周揚
しゅうよう / チョウヤン
(1908―1989)

中国の文芸理論家。本名周起応。湖南(こなん/フーナン)省益陽(えきよう/イーヤン)出身。大夏大学卒業後日本に留学、1930年帰国して左翼作家連盟に参加、前後して共産党に入党。30年代中期にかけて上海(シャンハイ)の党員文学者の中心として活動、35年以降抗日統一戦線を目ざし「国防文学」を唱えたが、魯迅(ろじん/ルーシュン)にそのセクト的作風を厳しく批判された。日中戦開始後、延安(えんあん/イエンアン)に赴き、文化運動の要職を歴任。解放後も党宣伝部副部長として文化分野の政治的責任者の地位にあり、戦後の思想キャンペーンのたびに指導的発言をした。文化大革命で打倒されたが77年名誉回復して、以後、党中央委員、文芸界連合主席、社会科学院顧問等の要職に復帰。79年の第四次文学芸術界代表者大会では、戦後の文芸政策全般について、自己批判を含む総括的報告を行った。[丸山 昇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の周揚の言及

【国防文学】より

…日中戦争の前夜,中国共産党による抗日民族統一戦線結成の呼びかけにこたえて,上海在住の周揚,夏衍(かえん)ら党員文学者グループにより提起されたスローガン。運動推進の母体として1936年に中国文芸家協会を結成したが,それに先だって,従来の文芸界における統一戦線組織である中国左翼作家聯盟(〈左聯〉)を,ソ連にいた王明(陳紹禹)の指示で解散した。…

【中国文学】より

…30年の中国左翼作家聯盟(左聯)の成立によって,プロレタリア文学運動はひとまず定着をみせたが,たちまち国民党の過酷な弾圧に遭い,31年には5人の所属作家が銃殺された。左聯は魯迅を事実上の指導者として厳しい後退戦を続けたが,闘いを通じて若い文芸家を数多く育て,そのうち周揚,夏衍(かえん),田漢,陽翰笙(ようかんしよう)などは,人民共和国成立後も長く中国文芸界の指導的地位についた。この間,瞿秋白(くしゆうはく)は,魯迅のかたわらにあって,左翼文芸理論の確立に貢献した。…

※「周揚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

周揚の関連キーワード中華全国文学芸術界聯合会中国左翼作家連盟中国左翼作家聯盟中間人物論批判2月7日抗日運動何其芳趙樹理馮雪峰姚文元孔厥沙汀丸山夏衍役割

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android