コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

劉少奇 りゅうしょうきLiu Shao-qi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

劉少奇
りゅうしょうき
Liu Shao-qi

[生]光緒24(1898).湖南,寧郷
[没]1969.11.12. 河南,開封
中国の政治家。 1920年フランス留学苦学生団の一員として渡仏し,21年中国共産党入党。 22年から中国労働組合書記部で働き,以後約 15年間労働運動に専念した。毛沢東李立三らと安源炭鉱ストライキを指導し,25年中華全国総工会副委員長に選ばれ,五・三〇運動を指導。国共分裂後はモスクワに留学し,32年党中央政治局委員となり,同年江西ソビエト区に入り長征に参加。 35年北京に潜入し,十二・九学生運動を指導した。 36~42年党中央北方局,中原局,華中局の各書記を歴任,地下工作を指導。 41年皖南事変後の新四軍政治委員となり,その再建に功労があった。 43年党中央書記処書記,中央革命軍事委員会副主席となった。 45年七全大会で毛沢東思想を打出し,毛沢東の権力強化に貢献,同大会で中央委員,中央政治局委員,副主席,中央書記処書記に選ばれた。 49年中華人民共和国が成立すると中央人民政府副主席となり,54年全国人民代表大会常務委員会委員長に選出された。 56年八全大会で中央委員,中央委員会副主席,中央政治局常務委員に選ばれ,59年毛沢東辞任に伴い国家主席に就任,65年国防委員会主席となった。社会主義建設についての重工業優先,技術優先,エリート尊重などの考え方は次第に毛沢東と対立するにいたり,66年からの文化大革命で「資本主義の道を歩む党内最大の実権派」「中国のフルシチョフ」として徹底的な批判を受け,68年 10月の8期十二中全会で正式に党から除名され,党内外のすべての公職を解任された。 69年監獄につながれ,失意のうちに病死。 80年3月1日五中全会で名誉回復。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

りゅう‐しょうき〔リウセウキ〕【劉少奇】

[1898~1969]中国の政治家。湖南省寧郷(ねいきょう)県の人。モスクワ留学後、1921年に中国共産党に入党。以後、労働運動を主に革命運動を指導。中華人民共和国成立後、国家副主席、1959年には国家主席。文化大革命で批判されて党籍を剝奪されたが、1980年に名誉回復。著「国際主義と民族主義」など。リウ=シャオチー。

リウ‐シャオチー【劉少奇】

りゅうしょうき(劉少奇)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

劉少奇【りゅうしょうき】

中国の政治家。湖南省寧郷県の人。1920年フランスに留学。留学生運動を指導し追放され,帰国後,上海労働運動・江西省安源炭鉱労働クラブ,1925年の五・三〇運動,上海ゼネストなどを指導。
→関連項目中国共産党【とう】小平

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうしょうき【劉少奇 Liú Shào qí】

1898‐1969
中国の政治家。湖南省寧郷の出身。1922年,湖南省安源炭鉱の争議を指導して労働運動指導者として頭角をあらわし,25年には全国総工会(労働総同盟)副主席となる。国共分裂後は白区(国民党支配地区)にあって地下工作に従事,29年には東北(満州)で捕らえられたが,身分がばれずに同年釈放された。32年江西ソビエト区に入り長征に参加,35年12月陝北瓦窰堡の中国共産党政治局会議で新設の北方局書記に任ぜられ,北平(北京)に潜行,当時捕らえられていた多数の白区幹部を偽装転向で釈放させた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

りゅうしょうき【劉少奇】

1898~1969) 中国の政治家。湖南省の人。中国共産党はえぬきの革命家で、組織工作の推進、労働運動・抗日運動を指導。人民共和国成立後、国家副主席、1959年国家主席。文化大革命で批判され党籍を剝奪されたが、死後に名誉回復。リウ=シャオチー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

劉少奇
りゅうしょうき / リウシャオチー
(1896―1969)

中国の政治家。湖南省出身。毛沢東(もうたくとう)も学んだ長沙(ちょうさ)の第一師範に在学したあと、モスクワの東方労働者大学に留学、帰国して1920年社会主義青年団に加入、翌1921年中国共産党に入党、1922年から中国労働組合書記部書記に任じ、湖南省安源炭鉱の争議を指導。1925年中華全国総工会副主席となり、広州、ついで武漢で活動、上海(シャンハイ)では五・三〇事件を指導。国共分裂後は国民党支配地区(白区)で地下工作に従事。1932年江西ソビエト地区に入って長征に参加、長征途次の遵義(じゅんぎ)会議では毛沢東支持の側にたった。陝北(せんほく)から北京(ペキン)に潜行、党地方局、中原局、華中局などの書記として、白区工作を行い、1941年、新四軍事件が起こると、日本軍占領下を通って新四軍地区に赴き、その政治委員として新四軍再建にあたった。1943年延安に戻り、中央書記処書記、人民革命軍事委員会副主任などに任じ、1945年の第7回党大会では中央政治局副主席として毛沢東主席に次ぐ地位についた。その間『共産党員の修養を論ず』(1939)、『党の組織を論ず』(1945)、『国際主義と民族主義』(1948)などの著作を発表、理論面でも重きをなした。1949年新中国成立とともに中央人民政府副主席、人民革命軍事委員会副主席。1954年の第1期人民代表大会では常務委員会副委員長。1956年の第8回党大会では政治報告を行い、党副主席となる。1959年には毛沢東退任の後を受けて国家主席。大躍進政策が行き詰まったあとの調整政策では、小平(とうしょうへい)総書記とともに経済回復に努めたが、そのときの政策が「三自一包」(自由市場、自留地、自営業を多くし、農業生産を各戸請負制とする)として、のちに批判の的とされた。1966年、文化大革命が開始されると、その「三自一包」政策や、階級「協調」論などがあげつらわれ、「資本主義の道を歩む党内最大の実権派」「中国のフルシチョフ」として、王光美夫人とともに激しく批判され、1969年、第9回党大会で除名、公職剥奪(はくだつ)の処分を受けた。同年、河南省で死去。1980年名誉回復の措置がとられた。[安藤彦太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の劉少奇の言及

【社会主義教育運動】より

…この運動の背景には,社会主義の行方をめぐる激しい路線対立があった。すなわち,社会主義社会にあっては階級闘争は消滅した,重要なのは生産の組織化だ,とする劉少奇らに対して,それと対立する立場をとる毛沢東の対立である。毛沢東は,62年の中共8期10中全会で,社会主義社会を貫いて階級闘争が存在するという過渡期階級闘争理論を打ちだし,それをふまえて社会主義教育運動を発動した。…

【新四軍】より

…国共関係が悪化すると,41年1月新四軍司令部は安徽省南部で国民政府軍に包囲され,9000人が全滅,葉挺は捕虜となり項英は戦死した(皖南事変)。中国共産党は劉少奇を政治委員,陳毅を軍長とし,7ヵ師編成で新四軍を再建。長江(揚子江)北岸地域を中心に発展。…

【中華人民共和国】より

…これは,急進路線に立つ毛沢東の強力な指導なしには不可能なことであった。 こうしたなかで,55年の上半期には,急ぎすぎた集団化のひずみを是正するため,中共中央は劉少奇の指導下に〈停止,縮小,整理〉の方針をとって集団化にブレーキをかけ,約3分の1にあたる20万の初級協同組合を解散させた。その直後,毛沢東は党の高級幹部を集めた会議で,〈全国の農村で新しい社会主義的大衆運動がいまや高まりを迎えようとしている。…

※「劉少奇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

劉少奇の関連キーワードアジア大洋州労働組合会議社会主義教育運動百花斉放百家争鳴リュウシャオチー中間地帯論田中 忠夫大衆路線造反有理林彪報告劉 徳有鄧 力群抗日運動周而復鄧小平趙紫陽革命家李秀成胡喬木薄一波走資派

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

劉少奇の関連情報