中間子原子(読み)ちゅうかんしげんし(英語表記)mesic atom

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中間子原子
ちゅうかんしげんし
mesic atom

負電荷のμ粒子中間子) やπ中間子が軌道電子1個と置き換った原子。軌道半径は質量に反比例するので,μ粒子やπ中間子は原子核中に深く入り込み原子核の影響を強く受ける。このことにより中間子原子は原子核の構造を研究する有力な手段となっている。軌道π中間子は,やがて原子核に吸収される。軌道μ粒子は吸収されるほか,電子へと崩壊する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android