コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中間時 ちゅうかんじdie Zwischenzeit; the interim

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中間時
ちゅうかんじ
die Zwischenzeit; the interim

キリスト教神学の用語で,切迫した終末の到来までの短い中間の時をさす。 A.シュバイツァーによると,イエスは終末における神の国の到来が間近であるという自覚に立って宣教したのであって,その説いた倫理は中間時の倫理 Interimsethikであり,他者への献身と悔い改めを伴うそのきびしい要求は終末の切迫という中間時の情況のなかではじめて理解され,かつ妥当するとされた。しかしイエスの倫理は必ずしも切迫した終末を前提しない日常生活にも妥当するものがあり,イエスの宣教が神の決定的な救いとしての終末を指向する終末的な性格のものであることは正しいとしても,これをシュバイツァーの理解するような中間時とすることには異論もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

中間時の関連キーワードシュワイツァー(Albert Schweitzer)オブソレッセンスプレミアム発行アラセツ移動平均中間選挙マンモン時の間福音

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中間時の関連情報