中間軌道(読み)ちゅうかんきどう(英語表記)intermediate orbit

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうかんきどう【中間軌道 intermediate orbit】

惑星や衛星の公転運動は,多体問題が解けないので摂動の方法で解かれる。多くの場合はケプラー運動を土台としてこれに摂動を補正して実際の複雑な運動を求めている。この場合のケプラー運動のように,摂動補正の土台となる多体問題の近似解を中間軌道という。ケプラー運動より複雑な中間軌道として著名なものには,アメリカの天体力学者G.W.ヒルが月運動論で採用した変差軌道がある。【 源一郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android