中関町(読み)なかのせきちょう

防府市歴史用語集の解説

中関町

 1926年(大正15年)、大字浜方・田島・向島の中関村は町制を施行し、中関町となりました。町となった当時の人口は11296人。主な産物は塩で、町内には塩業関係の施設が集中していました。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android