丸子部(読み)まるこべ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丸子部(まるこべ)
まるこべ

古代の部(べ)の一種。かつては「わにこべ」と訓(よ)んで、古代の雄族和珥(わに)氏の部曲(かきべ)とする説が有力であったが、近年、継体(けいたい)朝から推古(すいこ)朝の限られた時期に皇族名としてたびたびみえる、丸高王(まるこのみこ)・椀子皇子(まるこのみこ)・麻呂古王(まろこのみこ)などに関連する部とみる見解が有力化している。そしてそれが、壬生(みぶ)部に先行する、不特定の皇子のために設置された、名代(なしろ)・子代(こしろ)的な性格をもつ部であると推定されている。妥当な見解といえよう。[大橋信弥]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android