継体(読み)ケイタイ

  • けいてい

大辞林 第三版の解説

古くけいていとも
皇位を継ぐこと。継嗣。 -の天子、今上皇帝/太平記 39

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 君主の位を受け継ぐこと。あとつぎ。よつぎ。継嗣。けいてい。
※続日本紀‐延暦元年(782)八月己巳「是以。継体之君。受禅之王」 〔史記‐外戚世家〕
〘名〙 =けいたい(継体)〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※平松家本平家(13C前)八「彼は守文継体(ケイテイ)の器量たり、此は万機輔佐の臣相あり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

継体の関連情報