コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸岡秀子 まるおか ひでこ

2件 の用語解説(丸岡秀子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丸岡秀子 まるおか-ひでこ

1903-1990 昭和時代の評論家。
明治36年5月5日生まれ。教員生活をへて産業組合中央会に勤務。農村女性調査のため全国をまわり,昭和12年「日本農村婦人問題」を刊行。戦後は日本農村婦人協会理事長などをつとめ,日本母親大会を発足させた。政治家井出一太郎,作家井出孫六の姉。平成2年5月25日死去。87歳。長野県出身。奈良女高師卒。旧姓は井出。本名は石井ひで。著作はほかに「ひとすじの道」「婦人思想形成史ノート」など。
【格言など】農村婦人の解放なくして婦人解放なし(「婦人思想形成史ノート」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

まるおかひでこ【丸岡秀子】

1903~1990) 評論家。本名、石井ひで。長野県生まれ。全国の農村調査に基づき「日本農村婦人問題」を著す。ほかに「ひとすじの道」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

丸岡秀子の関連キーワード窪川鶴次郎評論家大井広介伊藤至郎江藤文夫大浜英子高山毅芳賀檀樋口恵子藤枝丈夫

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone