コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹前勝山 たんぜん かつやま

2件 の用語解説(丹前勝山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丹前勝山 たんぜん-かつやま

勝山(かつやま)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丹前勝山
たんぜんかつやま

江戸で有名な遊女。正保(しょうほう)3年(1646)~明暦(めいれき)2年(1656)在籍と伝える。勝山を名のる他の遊女と区別するため丹前勝山という。丹前とは、堀丹後守(たんごのかみ)の屋敷前にあったので丹前風呂(ぶろ)とよばれた風呂屋の湯女(ゆな)としての前歴による命名である。湯女のときから人気が高く、吉原に移籍して太夫(たゆう)の第一人者となった。裏付きの袴(はかま)に木刀をさした外出姿の歩き方は丹前風といわれて流行し、白元結(もっとい)に片髷(まげ)の伊達(だて)結びは勝山髷とよばれて後世に名を残した。[原島陽一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

丹前勝山の関連キーワード勝山琢眼勝山市勝山通り勝山公園北海道檜山郡上ノ国町勝山勝山〈村〉岡山県真庭市勝山勝山〈町〉長崎県長崎市勝山町勝山館跡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone