コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木刀 ボクトウ

3件 の用語解説(木刀の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぼく‐とう〔‐タウ〕【木刀】

カシビワなどの木を刀の形に削った棒。多く剣術の稽古用。木太刀(きだち)。木剣。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぼくとう【木刀】

木でつくった刀。きだち。木剣。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木刀
ぼくとう

木太刀(きだち)また木剣(ぼっけん)ともいう。木製の刀剣形で、刀装を模したものと、刀身を模した刃厚のものがある。古くは記紀に、敵をあざむくための木製の横刀(たち)の記事がある。中世、『太平記』(巻17)には、実戦用として、杉の木でつくった大太刀の記事がある。室町時代には剣技練磨の具として、『大友興廃記』や『北条五代記』に武術試合に木刀使用の記事があり、当時の剣術流祖所用の伝承をもつ遺物もある。『文明(ぶんめい)本節用集』には早く「木刀ボクトウ」の語が記載される。古流派には鞘(さや)付きの木刀もあった。江戸中期の正徳(しょうとく)~宝暦(ほうれき)(1711~64)のころの道場では、防具の整備により竹刀(しない)にその座を譲るまで使用された。以後は形(組太刀(くみだち))やひとり稽古(げいこ)で用いられ現在に至った。また江戸時代、中間(ちゅうげん)・小者(こもの)の佩刀(はいとう)の代用ともなっていた。現在の剣道用のものは、白樫(しらかし)、赤樫、枇杷(びわ)が適材とされ、103センチメートル程度とされている。[齋藤愼一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木刀の関連キーワード矢筈桐紙削り花柳筥柏の窪手筍面火鑽り杵渡り腮割接ぎびわこぐま

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

木刀の関連情報