コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木刀 ボクトウ

大辞林 第三版の解説

ぼくとう【木刀】

木でつくった刀。きだち。木剣。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木刀
ぼくとう

木太刀(きだち)また木剣(ぼっけん)ともいう。木製の刀剣形で、刀装を模したものと、刀身を模した刃厚のものがある。古くは記紀に、敵をあざむくための木製の横刀(たち)の記事がある。中世、『太平記』(巻17)には、実戦用として、杉の木でつくった大太刀の記事がある。室町時代には剣技練磨の具として、『大友興廃記』や『北条五代記』に武術試合に木刀使用の記事があり、当時の剣術流祖所用の伝承をもつ遺物もある。『文明(ぶんめい)本節用集』には早く「木刀ボクトウ」の語が記載される。古流派には鞘(さや)付きの木刀もあった。江戸中期の正徳(しょうとく)~宝暦(ほうれき)(1711~64)のころの道場では、防具の整備により竹刀(しない)にその座を譲るまで使用された。以後は形(組太刀(くみだち))やひとり稽古(げいこ)で用いられ現在に至った。また江戸時代、中間(ちゅうげん)・小者(こもの)の佩刀(はいとう)の代用ともなっていた。現在の剣道用のものは、白樫(しらかし)、赤樫、枇杷(びわ)が適材とされ、103センチメートル程度とされている。[齋藤愼一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

木刀の関連キーワード鬭・倒・偸・党・冬・凍・刀・到・唐・塔・套・島・当・悼・投・搭・東・桃・桐・棟・湯・滔・濤・灯・燈・當・痘・登・盗・盜・祷・禱・稲・稻・等・筒・答・糖・納・統・蕩・藤・討・読・謄・豆・踏・蹈・逃・透・闘・陶・韜・頭・騰・黨墨・僕・卜・墨・撲・木・朴・牧・睦いもがらぼくと天真正伝神道流示現流史料館ビワ(枇杷)振るう・揮う山崎兵左衛門宮崎県都城市天然理心流水野 明善浅山一伝流四箇遺跡鳳凰の舞校内暴力一休禅師武者修行丹前勝山神谷直光寺部屯麿

木刀の関連情報