久保利世(読み)くぼ としよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久保利世 くぼ-としよ

1571-1640 江戸時代前期の茶人。
元亀(げんき)2年生まれ。大和春日神社の神職。奈良郊外の野田村にすむ。小堀遠州,松花堂昭乗らとまじわる。俊乗坊重源(ちょうげん)の影堂の古材で茶室をつくり,長闇堂と称した。著作に茶道書「長闇堂記」がある。寛永17年6月28日死去。70歳。通称は権大輔(ごんだゆう)。号は長闇子。
【格言など】振舞はごまめの汁にえびなます 亭主給仕をすればすむなり(「長闇堂記」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android