コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久保利世 くぼ としよ

1件 の用語解説(久保利世の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久保利世 くぼ-としよ

1571-1640 江戸時代前期の茶人。
元亀(げんき)2年生まれ。大和春日神社の神職。奈良郊外の野田村にすむ。小堀遠州,松花堂昭乗らとまじわる。俊乗坊重源(ちょうげん)の影堂の古材で茶室をつくり,長闇堂と称した。著作に茶道書「長闇堂記」がある。寛永17年6月28日死去。70歳。通称は権大輔(ごんだゆう)。号は長闇子。
【格言など】振舞はごまめの汁にえびなます 亭主給仕をすればすむなり(「長闇堂記」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

久保利世の関連キーワードキリシタンブラガンサ朝氏家卜全和田惟政久保長闇堂ペルシア哲学ピューリタン革命エキュジョアン[4世]ルーベンスの家

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone