コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久志本常辰 くしもと つねとき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久志本常辰 くしもと-つねとき

1509-1590 戦国-織豊時代の医師。
永正(えいしょう)6年生まれ。久志本常光(つねみつ)の長男。伊勢神宮医,外宮(げくう)権禰宜(ごんのねぎ)。織田信長につかえる。「奥義(おうぎ)集」「家伝通外(かでんつうげ)」などをあらわし,久志本流医術を確立した。天正(てんしょう)18年10月17日死去。82歳。本姓は度会(わたらい)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

久志本常辰の関連キーワード久志本常興

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android