コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

改革法典 かいかくほうてんReformationen

世界大百科事典 第2版の解説

かいかくほうてん【改革法典 Reformationen】

15世紀後半から17世紀にかけてドイツの多数の都市や領邦で成立した立法作品で,〈ローマ法の継受〉に対応して都市法やラント法を改良・革新しようとしたもの。ローマ・カノン法への同化がどの程度みられ,また旧来の固有法をいかに維持しているかは,個々の法典によって差異がある。概して改革都市法典の方が先行し(1479年ニュルンベルク,99年ウォルムス,1509年フランクフルト(・アム・マイン),20年フライブルク(ツァジウスの起草),74年リューネブルク,78年フランクフルト(フィヒャルトによる改訂)),改革ラント法典はやや遅れ,しかも往々前者に依存して成立した(1518年バイエルン,27年ブランデンブルク,55年ビュルテンベルク(ジッヒャルトの起草),71年ゾルムス(フィヒャルトの起草),72年クールザクセン)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android