コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

改革法典 かいかくほうてん Reformationen

1件 の用語解説(改革法典の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かいかくほうてん【改革法典 Reformationen】

15世紀後半から17世紀にかけてドイツの多数の都市や領邦で成立した立法作品で,〈ローマ法の継受〉に対応して都市法やラント法を改良・革新しようとしたもの。ローマカノン法への同化がどの程度みられ,また旧来の固有法をいかに維持しているかは,個々の法典によって差異がある。概して改革都市法典の方が先行し(1479年ニュルンベルク,99年ウォルムス,1509年フランクフルト(・アム・マイン),20年フライブルク(ツァジウスの起草),74年リューネブルク,78年フランクフルト(フィヒャルトによる改訂)),改革ラント法典はやや遅れ,しかも往々前者に依存して成立した(1518年バイエルン,27年ブランデンブルク,55年ビュルテンベルク(ジッヒャルトの起草),71年ゾルムス(フィヒャルトの起草),72年クールザクセン)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

改革法典の関連キーワード官房学古典主義ドイツ観念論ドイツ騎士団ポグロムミンネザング摂関時代ダカーポアリアファールンラージプート族

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone