コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久志本常光 くしもと つねみつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久志本常光 くしもと-つねみつ

1470-1541 室町-戦国時代の医師。
文明2年生まれ。久志本常任(つねとう)の子孫。家代々の伊勢神宮の外宮(げくう)権禰宜(ごんのねぎ)と神宮医方をうけつぎ,「管蠡備急方(かんれいびきゅうほう)」をあらわした。天文(てんぶん)10年11月6日死去。72歳。本姓度会(わたらい)。著作に「管蠡草灸診抄(そうきゅうしんしょう)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

久志本常光の関連キーワード久志本常辰久志本常真

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android