コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久志本常光 くしもと つねみつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久志本常光 くしもと-つねみつ

1470-1541 室町-戦国時代の医師。
文明2年生まれ。久志本常任(つねとう)の子孫。家代々の伊勢神宮の外宮(げくう)権禰宜(ごんのねぎ)と神宮医方をうけつぎ,「管蠡備急方(かんれいびきゅうほう)」をあらわした。天文(てんぶん)10年11月6日死去。72歳。本姓は度会(わたらい)。著作に「管蠡草灸診抄(そうきゅうしんしょう)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

久志本常光の関連キーワードストゥーレ(大)クリストバル石善隣国宝記スチューレ(Sten Sture den äldre)ボッティチェッリスペイン文学クルーエ(父子)クルーエグリューネワルトPandora Media

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone