コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久志本常顕 くしもと つねあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久志本常顕 くしもと-つねあき

?-1590 織豊時代の医師。
久志本常真(つねざね)の子。伊勢神宮の外宮(げくう)権禰宜(ごんのねぎ)。医術に通じ,天正(てんしょう)年間に徳川家康の病気をなおし,侍医となる。天正18年豊臣秀吉の小田原攻めのさい家康の供をし,江戸入城にしたがった。天正18年10月14日死去。本姓は度会(わたらい)。著作に「家伝退臖(きょう)聚験方」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

久志本常顕の関連キーワード久志本常範久志本常真

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android