コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久志本常顕 くしもと つねあき

1件 の用語解説(久志本常顕の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久志本常顕 くしもと-つねあき

?-1590 織豊時代の医師。
久志本常真(つねざね)の子。伊勢神宮の外宮(げくう)権禰宜(ごんのねぎ)。医術に通じ,天正(てんしょう)年間に徳川家康の病気をなおし,侍医となる。天正18年豊臣秀吉小田原攻めのさい家康の供をし,江戸入城にしたがった。天正18年10月14日死去。本姓は度会(わたらい)。著作に「家伝退臖(きょう)聚験方」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

久志本常顕の関連キーワード久志本常彰織豊時代三重県伊勢市神田久志本町久志本常興久志本常真久志本常武久志本常任久志本常辰久志本常範久志本常光

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone