コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久志本常顕 くしもと つねあき

1件 の用語解説(久志本常顕の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久志本常顕 くしもと-つねあき

?-1590 織豊時代の医師。
久志本常真(つねざね)の子。伊勢神宮の外宮(げくう)権禰宜(ごんのねぎ)。医術に通じ,天正(てんしょう)年間に徳川家康の病気をなおし,侍医となる。天正18年豊臣秀吉小田原攻めのさい家康の供をし,江戸入城にしたがった。天正18年10月14日死去。本姓は度会(わたらい)。著作に「家伝退臖(きょう)聚験方」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

久志本常顕の関連キーワード狩野永徳安藤定正江戸北条氏照松田憲秀ムルシリ[1世]古河城安土桃山時代江戸小田原征伐

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone