コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久田宗利 ひさだ そうり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久田宗利 ひさだ-そうり

1611-1685 江戸時代前期の茶人。
慶長16年生まれ。久田宗栄の子。藤村庸軒の兄。5代千宗左の父。千宗旦(そうたん)の門下で,その娘を妻とした。久田家2代。貞享(じょうきょう)2年11月7日死去。75歳。本姓は本間。名は利兵衛。号は受得斎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

久田宗利

没年:貞享2.11.7(1685.12.2)
生年:慶長16(1611)
江戸時代前期の茶人。一説に元和1(1615)生まれ。もとの姓は本間。名は利兵衛。受得斎と号した。千宗旦の娘クレを妻とし,表千家を補佐する久田家の2代となる(初代は宗栄)。義父宗旦と金閣寺住持鳳林承章の茶に招かれるなど,茶の湯者としても認められた人物であった。弟に宗旦四天王のひとりとされる茶人藤村庸軒がおり,また次男源三郎が千宗左(4代)の養子(5代,随流斎)となっている。

(熊倉功夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

久田宗利の関連キーワード千宗左(5代)久田宗全

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android