コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶長の大地震 ケイチョウノオオジシン

1件 の用語解説(慶長の大地震の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けいちょう‐の‐おおじしん〔ケイチヤウ‐おほヂシン〕【慶長の大地震】

慶長9年12月(1605年2月)に発生した大規模な地震。犬吠埼から九州にかけての太平洋岸で津波が発生し、多数の死者を出した。東海・南海・東南海連動型地震と考えられる。地震の規模はマグニチュード7.9。慶長地震。→連動地震
慶長元年(1596)閏7月、近畿地方を襲った大地震。京都伏見の間は特に被害が大きく、伏見城天守閣や石垣、方広寺の大仏などが崩れ、余震は翌年4月まで続いた。慶長伏見地震
[補説]慶長年間には各地で大規模な地震が頻発した。

慶長年間に発生した主な地震
和暦西暦名称被災地域規模被害
慶長元年閏7月9日1596年9月1日慶長豊後地震豊後M7.0大津波が来襲し別府湾沿岸で家屋がほとんど流失。死者708人。
慶長元年閏7月13日1596年9月5日慶長伏見地震畿内M7.5伏見城天守閣が大破。石垣が崩れ500余人圧死。堺で死者600余人。
慶長9年12月16日1605年2月3日慶長地震東海・南海・西海諸道M7.9津波が犬吠埼から九州まで太平洋岸に来襲。死者多数。
慶長16年8月21日1611年9月27日慶長会津地震会津M6.9若松城下などで寺社・家屋が倒壊し死者3700余人。
慶長16年10月28日1611年12月2日慶長三陸地震三陸沿岸・北海道東岸M8.1沿岸で家屋が多数流出。伊達領内で死者1783人。北海道東部でも溺死者多数。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

慶長の大地震の関連キーワード狩野貞信裏辻季福議定元亨高力高長島津久通清子内親王平岡頼資細川斉樹松平直良

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

慶長の大地震の関連情報