コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久田宗栄 ひさだ そうえい

2件 の用語解説(久田宗栄の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

久田宗栄

安土桃山・江戸前期の茶人。表千家の茶家久田家の初代。近江蒲生生。父は久田実房、母は田中了専の娘で、千利休の妹。名は房政、通称は新八、別号に宗玄・生々斎。初め佐々木氏に仕えたが、のち隠棲して茶の湯を利休に学ぶ。豊臣秀吉の北野大茶会にも参加した。寛永元年(1624)歿、66才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久田宗栄 ひさだ-そうえい

1559-1624 織豊-江戸時代前期の茶人。
永禄(えいろく)2年生まれ。茶道表千家の久田家初代。父は千利休門下の久田刑部(ぎょうぶ),母は利休の妹という。近江(おうみ)(滋賀県)の佐々木氏につかえ,のち隠退。利休にまなび,天正(てんしょう)15年北野大茶会に参加した。寛永元年3月6日死去。66歳。名は房政。通称は新八。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

久田宗栄の関連キーワード包蔵(初代)狩野宗徳重勝鎮知順専城意庵正玄雪林伴伝兵衛(初代)安見道有

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone