コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久留島通春 くるしま みちはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久留島通春 くるしま-みちはる

1607-1655 江戸時代前期の大名。
慶長12年生まれ。来島長親(ながちか)の子。慶長17年豊後(ぶんご)(大分県)森藩主来島家2代となる。人材を登用するなど藩体制を整備し,島原の乱に際しては幕命により島原城をまもる。通春の代から姓を来島から久留島にあらためた。承応(じょうおう)4年2月11日死去。49歳。初名は正次。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

久留島通春の関連キーワードヌイツ奈良屋茂左衛門明暦如儡子佐賀藩竜造寺政家駿府城犬山藩新田義貞と福井小規模保育所