コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島原城 しまばらじょう

日本の城がわかる事典の解説

しまばらじょう【島原城】

長崎県島原市城内にあった江戸時代の城。日本城郭協会選定による「日本100名城」の一つ。有明海を臨む雲仙岳(うんぜんだけ)の麓(ふもと)に位置し、城郭の形式はほぼ長方形の連郭式平城(ひらじろ)。高く頑丈な石垣が特徴で、島原藩の政庁であり藩主の居所であった。本丸は周りを水堀で囲まれており、二の丸と廊下橋形式の木橋一本で繋がれている。天守は破風(はふ)をもたない独立式層塔型5重5階(初重の屋根を庇として4重5階とも)で、最上階の廻縁高欄(まわりえんこうらん)を戸板で囲ったため唐造りのようになっていた。松倉重政により1618年(元和4)から7年をかけて築かれたが、火山灰や溶岩流の地盤のため普請は困難をきわめ、携わった領民たちの怨みをかったと伝えられる。1637年(寛永14)に勃発した島原の乱で、島原城は一揆勢の攻撃を受けている。明治以降は廃城となり、建物などは撤去されたが、現在は本丸に天守・櫓(やぐら)・長塀が復元され、城跡公園となっている。島原鉄道島原駅から徒歩5分。◇森岳城、高来城ともいう。

出典 講談社日本の城がわかる事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しまばら‐じょう〔‐ジヤウ〕【島原城】

長崎県島原市にあった城。有馬氏のあとの領主松倉重政が元和4年(1618)から寛永2年(1625)にかけて築城。のち、島原天草一揆で、一揆(いっき)勢の攻撃を受けた。明治7年(1874)の廃城令を受けて土地建物が売却・破壊されるが、昭和35年(1960)天守閣を復興。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

島原城
しまばらじょう

江戸期の城。長崎県島原市城内(じょうない)にある。別称森岳(もりたけ)城。キリシタン大名の有馬(ありま)氏にかわってこの地に入った松倉重政(しげまさ)によって、1618年(元和4)から25年(寛永2)にかけて築城された。37年に起こった島原の乱では一揆(いっき)勢の攻撃を受け大手門を一時破られたが、もちこたえた。乱後松倉氏は改易となり、松平、戸田、ふたたび松平と城主をかえて明治維新に至った。1960年(昭和35)天守閣が復原されたほか、西櫓(にしやぐら)、巽(たつみ)櫓が復原されている。[小和田哲男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

島原城の関連キーワード105ウオークラリーから常連組島原・天草一揆常盤歴史資料館豊後高田[市]島原城跡公園長崎県島原市金沢勘右衛門島原(市)中里 介山北村 西望久留島通春日野江城跡日野江城駒井昌勝松平文庫松平忠房飯尾兼晴中里介山稲葉信通島原温泉

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

島原城の関連情報